交通事故は弁護士へ

交通事故に遭ったら、まずは今後どのように対応したら良いのか、弁護士に相談したいところです。専門家の意見を聞いて、自分や身内に不利益とならないように対処しましょう。

弁護士に相談するとなれば、一番心配になるのは、弁護士へ支払う費用の問題ではないでしょうか。弁護士費用は高額なイメージを持っている人も多いことでしょう。実際に、交通事故の相談をした場合、費用はどのようなものが発生するのでしょうか。弁護士の報酬について知っておくと、万が一のときに心配せずに済みます。

弁護士費用が高額となる場合、弁護士に依頼しない方がいいんじゃないのか、と思う人もいるかもしれません。しかし、弁護士に依頼するメリットは多くあります。

例えば、相手の保険会社との交渉を全て任せることができます。特に、自分に過失がないと主張する際、報酬を得て代理として交渉できるのは、弁護士や司法書士に限られています。保険会社はその道のプロなので、素人知識では到底太刀打ちできません。相手がプロであれば、こちらも同じくプロに交渉してもらう方が良いでしょう。

交通事故で賠償金が出る場合も、弁護士の知識で賠償額を増額できる可能性があります。保険会社の賠償基準と裁判の際の裁判基準とは金額に大きな差があります。弁護士に依頼した場合、裁判基準を軸にして交渉してもらえるので金銭面で有利です。

弁護に依頼すると、弁護士費用がかかってしまうというデメリットはありますが、その分返ってくる金銭的なメリットも非常に大きいものです。また、弁護士が付いていてくれるという精神的なメリットも大きいでしょう。