弁護士費用と支払い方

一口に弁護士費用と言っても、内訳はさまざまです。弁護士に正式に仕事として依頼する前に、今後の動きや対処法などを弁護士に相談する人がほとんどです。その場合にかかる費用が「相談料」と言って、通常時間制で料金が決められています。

次に、正式に仕事を依頼するときに「着手金」がかかります。弁護士が仕事をするのに必要な経費を先に渡すようなイメージです。最近では、相談料、着手金を無料にして、成功報酬のみを弁護士費用として設定している弁護士事務所もあります。

最後に、問題が解決または決着がついたときに支払う「報酬金」です。報酬金は、その問題によって得られた経済的利益によって金額が変動する成功報酬です。

弁護士費用は、弁護士が自由に設定できるので、相場を出すのが非常に難しいものです。相談料は、30分5000円程度のところが多いでしょう。着手金は20万円程度ですが案件の難易度によって金額は大きく変動します。事故の補償金は、先に弁護士の方へ振り込まれ、そのうちから報奨金を指しい引いた金額を弁護士が依頼人に渡す形になります。

基本的には、着手金は前払いになるので先にお金を準備しておく必要がありますが、中には成功報酬の受け取りの際に、着手金も一緒に計算するという後払い的な方法をしている弁護士事務所もあります。